ヤミ金融

システム金融とは

金融業者の違法業者といえばヤミ金融ですが、その中でもいろんな手口の違法業者が存在します。
規制法の網をくぐって、巧妙な手口で人を騙して金を稼ぐ彼らのやり方は、決して許されるもので
はありません。そんな中でも、特に悪質なのは個人事業者を狙ったシステム金融です。

資金繰りに困り果てている個人事業の経営者に、直接電話やDMを使って融資話を持ち掛けてきま
す。すでに資金繰りが悪化して金策のあてもなく経営者にとったら、渡りに船で、危ない橋だと分
かっていても目先のお金に目がくらんでしまい、手を出してしまうのです。

手形や小切手を担保にとる

彼らの手口は、融資をするにあたって、事業者から手形や小切手を担保として要求してきます。ま
ず、融資申込書と借入額と同額の手形や小切手をFAXで送信させます。それを確認した後、経営
者の銀行口座に融資額を振り込んできます。手形や小切手の実物は郵送で送るよう指示されます。

当然のことながら、システム金融の金利は法定金利で決められたようなものではなく、とてつもな
く高い金利が設定されていますので、当然のことながら経営者は返済に困窮することとなります。

しかし、経営者は手形や小切手を担保にとられていることから、返済を履行しないとそれらの担保
が銀行経由で取り立てに回されてしまうこととなります。

0

不渡りの恐怖

つまり、きちんと返済をしないと銀行の不渡りを出してしまい、事業活動が出来なくなってしまう
わけです。不渡りは1回のみでは銀行取引停止処分にはなりませんが、不渡りを出したことで信用
失墜は免れなく、すぐに二回目の不渡りを出して倒産の憂き目にあるのが殆どなのです。

システム金融とは、上記のように、経営者に対して不渡りを出すことへの恐怖心を巧みに利用した
違法業者といえるでしょう。